FC2ブログ
2019-05-21

ロボコップ

robokoppu.jpg
あまぞんぷらいむ

87年に公開されたアメリカ映画
グロ注意な作品
腕が吹っ飛ばされたり、薬品で全身ドロドロになったり今は地上波できるのかな?のレベル
おおざっぱなあらすじ

超絶治安の悪い町デトロイト
そのうえ市は借金まみれであろうことかデトロイト市警は大企業オムニに買収されている
そのデトロイト市警に配属されたマーフィ巡査。相棒のルイスとパトロール中凶悪犯罪者クレメンスとその一味を追いかけてアジトに潜入する。
しかしクレメンス一味にとらえられマーフィは惨殺されてしまう(グロシーン)。
オムニ社はマーフィの脳(と顔)を機械の部品として「ロボコップ」を製作する。


ロボコップはデトロイトの凶悪犯罪者たちをばったばったを逮捕していく。
「Dead or alive,you are coming with me.(お前を逮捕する、殺してでも)」(訳は当時の地上波)←キーワード
ロボコップはマーフィとしての記憶がない。しかしルイスに「あなたマーフィ?」と声をかけられたり
クレメンス一味に「お前は殺したはず!!」と言われ自身が何者でどうなったのかを知る……


ロボコップはクレメンス一味を追い詰め黒幕の正体を知る。
しかしマーフィは「ロボコップ」であるがゆえに絶対に黒幕に敵わない。



ネタバレ含む
黒幕の正体はジョーンズ。
彼はオムニ社の重役でロボコップは内蔵されてるプログラムで「オムニ社役員に危害を加えてはいけない」により彼を逮捕できない。
このジョーンズという男、ロボコップの開発企画者のモートンの政敵。
もともとジョーンズの開発した「ロボコップに代わるもの」を会社で推していたが直前でオムニ社会長の前で大失態。
急遽代替策としてロボコップが推進された。
このロボコップが大成功、ジョーンズは面白くない。よってモートンをクレメンスに殺させる。
そしてモートンの生み出したロボコップも消そうとする。


しかしクレメンス一味はロボコップとルイスによって全滅する(グロシーン)。
残るは黒幕ジョーンズのみ。
しかし上述のプログラムでロボコップはジョーンズを逮捕できない(ルイスはクレメンス一味戦で重傷)。
はたしてロボコップは……


オムニ社は重役会議。ジョーンズが会長含む重役の前でプレゼンテーションをしていた。
そこの満身創痍のロボコップが現れる。
ロボコップはジョーンズのモートン殺しの証拠を役員達に見せる。
分が悪いと踏んだジョーンズは会長を人質に逃走しようとする。
しかしロボコップは撃てない……
会長「ジョーンズ!お前は首だ!!」
ロボコップ「サンキュー」

ED



実はこの映画の1~3の金曜だから土曜ロードショウで録画されたVHSが自分の物心つく前に家にあったのである。
ロボコップ3が93年で自分の生まれのが早いので自分が4,5歳くらいに録画されたものかな?


というわけでアクション映画として小さいころからこの映画を何度も何度も見ていた、幼少期。
今現在よりグロ耐性がったかもしれない……少なくともロボコップ1作目でチビパティちゃんが目を背けたシーンはない(2ではある)
誇張抜きに100回は見ている映画。
ちなみに1~3全部字幕版でまずチビパティちゃんはストーリーの9割理解してなかったでしょう。
幼少期から本場の英語を聞いてるのに英語が苦手なパティちゃん。
英語は聞きな出すだけじゃ話せるようにはならない。を身をもって体現しています^^
幼少期で理解できたのは
クレメンスの「サヨナラ!ロボコップ!!」くらい……思いっきり日本語ですけどね。


興味なくてもカッコいいのでテーマ曲だけでも聞いてください



余談
2013年版のリメイク版の黒いロボコップも試聴済みです。
唯一気に入らなかったのは「走ること

あとロボコップの使ってる銃「オート9」ですが
実は昔やってたFPS、AVAにベレッタ9の名前で登場してます。
海外版だとオート9
AVAトレインの初期銃のあれです、あれ
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する